ラムネちゃんの問題

最近、ラムネちゃんの記事見ないね、と思われた方。
かなり私のブログを見てくださっている方です^^

ラムネは元気です。

c0248269_21284917.jpg
                クリスマスの頃には、ツリーにのぼっていました。


メスのラムネさん。
女の子だからか、最近は上のお兄ちゃんが好き♡
肩に止まって
「こっち向いて~」とアピール。
向いてくれないと反対の肩に移動。
それでも向いてくれないと腕に移動して、伸びあがって
「チューして~」^^

私のことは好きですが、最近はチューには横を向くのです^^;
ちなみに主人が顔を近づけるとつつきます。お気の毒に・・・
c0248269_21343529.jpg
               洗濯ばさみが好き。持ち上げて落とす、をひたすら繰り返すのです。

元気なラムネちゃん。
でも11月から問題を抱えています。

それはある日突然始まりました。

朝、かごをおおっている毛布を取るとかごの下にばっさりと羽が
落ちていて、胸のあたりは地肌が見えてしまっていました。
もう、びっくりして病院に行きましたが、地肌が見える範囲は
一日一日広がっていき、耐えられずにまた病院に行きました。

先生の話やネットの情報でわかったこと。

それは、ラムネが「毛引き」をしているということ。
自分で自分の羽を抜いてしまうのです。
特に治療はなく、首につけるカラー(プラスチックの襟)を
先生にお願いしようかと思いましたが、「そんなことをしたら
もっとストレスですよ」と言われました。
インコは繊細で、かごの位置が変わったり、出してもらえる時間が
短くなったりという変化でもストレスを感じるということですが、
特に環境の変化はありません。家族がラムネに何らかのストレスを
与えてしまったのかと悩みました。

もう一つ病院を受診しても同じでした。
でも分かったことは、ラムネの場合は元から羽を引き抜いているのでは
なく、羽軸を残して噛み切っているということです。
人間の爪噛みや貧乏ゆすりと一緒で、暇つぶしだそうで、
飽きるまでは止めないだろうということでした。

毎日、ラムネの様子に神経質になってしまい、毛づくろいすら
「抜かないで」と止めさせたくなってしまった私。
新しい羽が生えてくれば喜び、それをまた抜いてしまえば前より
落ち込んで不安定になってしまった私。

そんな時、上の子の「どんな見た目でもラムネはラムネ。」という
言葉が刺さりました。なんて大人な考え・・・
それからは、あまり一喜一憂しなくなりました。


ラムネを飼わなければ知らなかったこと。
スパイダーマンのように壁にへばりつくインコがいること^^;
食べ物を制限されるほど太っちゃうインコがいること^^;
自分で自分の羽を抜いてしまうインコもいること。

つらくなることもあるけれど、ラムネはかけがえのない家族。
家族みんなのアイドルで、大事な存在です。

いつか美しいブルーの羽が生えそろうといいな。
でも、そうならなくてもかわいいラムネです^^


[PR]
by primarosa | 2018-01-16 21:55 | ペット | Comments(8)
Commented by boheme0506image at 2018-01-16 22:09
primarosaさん、こんばんは~♪
わんこが家族の中で順位を決めるって話は聞いたことがあるけど
順位というか、ラムネちゃんも人によって対応が変わるんですね。
旦那様ちょっと可哀そう・・でも、一番一緒にいる時間が
少ないからかなぁ~。
ちょっとショックな行動ですよね。
でも、元から抜いているのではないのが救いかなぁ。
先生やネットがおっしゃるように、単なる暇つぶしだったら
そのうち飽きてしまう可能性のあるし
どうなるかわからないけれど、飽きてくれるのが一番だけど
今特に病気とかではないから、お兄ちゃんの言う通りに
今まで通りに遊んであげるのが一番
いいのかもしれませんね。
また様子が変わったりしたらお話聞かせてくださいね。
やっぱりブルーの羽は見たいですよね。
Commented by primarosa at 2018-01-17 19:59
boheme0506image様
さおりさん、こんばんは^^
インコもちゃんと誰かを認識してるんですよね~。
主人とは平日会わないので一番対応が冷たい・・・^^:
主人はラムネをすごくかわいがってるのに
かわいそうですよね。
仕方がないと思うようになっても、ラムネの
羽の下とか背中とか、見えない部分がはげてるのを
見るとつらくて。治す方法もないのが
悲しいのですが、見守っていくしかないんです。
ピカピカの羽が全体に戻るように祈っています。
さおりさん、聞いて下さってありがとうございます。

Commented by 0102mayu at 2018-01-18 19:48
primarosaさん、こんばんは~
「何で?!」と心配でしたね。
でも、お兄ちゃんの大人的な言葉、
親として頼もしく感じられたのではないでしょうか~
嬉しい瞬間ですよね♪

primarosaさんちのお家で自由に飛び跳ね飼われている
ラムネちゃんは、幸せだなぁ~と拝見していたのですが
ラムネちゃんにも何かストレスと感じる事?!
ただ単に暇つぶし?!・・・それにしても繊細なんですね。
もう家族の一員のラムネちゃん、噛むことが早く止まればいいですね。primarosaさんのストレスになりませんように~

Commented by primarosa at 2018-01-19 20:39
0102mayu様
mayuさん、こんばんは☆
状態が良くないので今週も病院に
行く予定のラムネちゃん・・・
病院に行っても治らないんですけどね。

私には重くのしかかってしまったラムネの
毛引きですが、家族の言葉で「仕方ない。
それも個性」と少し思えるようになりました。

結構かごから出してもらっているし、ストレスは
ないと思うんですけどね~。
意外と繊細なんですよね。元気なラムネでいてほしいです。

聞いて下さってありがとうございます^^
Commented by liberty-es at 2018-01-20 23:20
primarosaさん、こんばんは^^
ラムネちゃん、小さな鳥さんでもこんなに感情があるって驚きました。
毎日一緒に暮らしてラムネちゃんの様子を観察していると
いろいろな発見がありますね。
洗濯ばさみが好きで持ち上げては落とすのをひたすらやっているなんて
想像しているだけで可愛い!
primarosaさんのお話でインコってこんな感情が豊だったんだなと知りました。
私も昔まだ実家に居る頃インコを飼っていましたが、
あまり籠の外へ出すということがなく、今思えばかわいそうだったなと思います。
でもつがいで飼っていたので二羽仲良くしていました。
ラムネちゃんの毛引き、早く治りますように!
お兄ちゃんの大人な考え方のひと言嬉しいですね。
Commented by primarosa at 2018-01-22 06:21
liberty-es様
libertyさん、おはようございます。
お返事が遅くなってすみません。
昨日病院の先生と話したら、インコはとても
コミュニケーション能力が高いんだそうです。
家族に甘えたり、怒ったり、いろんな表情を
持っています^^
かごの中だけだと分からない感情もありますね。
一羽だと寂しいけれど、きっとlibertyさんの
ご実家のインコちゃんはつがいで楽しかったと
思いますよ(*^_^*)
追い詰められていた気持ちが、長男の言葉で
やわらぎました。
聞いて下さってありがとうございます^^
Commented by teineinakurasi at 2018-01-22 11:19
primarosaさん、こんにちは^^
ラムネちゃん、いろいろあったんですね。
わかります。
私も、メスのインコを飼っていたのでprimarosaさんの
気持ち痛いほどよくわかりますよ。
インコは小さいし、イヌ、ネコに比べれば
能力や知能があまりないように思われますが
人を識別しますし、繊細なんですよね。
つがいや多数で飼っているとインコの社会の中で生活するのですが、
一羽(私のところもそうでした)で飼うと人間が仲間と思い行動するんですよね。
うちもメスのインコなので次男loveで学校から帰ると目の色が変わって鳴きだすんです^^
逆にちょっかいを出す長男には、ブブブーとか言って
威嚇したり、主人には、放鳥したとき
尾羽を誤って踏まれて抜けて以来、警戒心が強くなりました。
一羽で飼っているので人間に対して恋したのか、
無精卵を産んで、卵がお腹につまり、
手術してもらったことがあります。
それ以来、おもちゃ的なものもやめて
恋の時季には、息子に近寄らないように、私も神経過敏にしてしまったこともありました。
でも愛らしい表情を見るたびに私の心を和ませてくれたのも事実です。
卵が詰まったのが原因で、腫瘍ができ病院通いで可哀そうなことをしました。
インコの寿命より少し短い一生でしたが
人間と生活している分、いろいろありますが、
今家族で共有しているラムネちゃんとの時間を大切に個性ととらえて
primarosaさんもラムネちゃんとの時間を大事にしてくださいね。
息子さんの優しいひとことで心が和らぎましたね^^
Commented by primarosa at 2018-01-23 08:46
teineinakurasi様
sakuraさん、実体験を教えていただき、
あたたかいお言葉の数々に涙が出て・・・(;_;)
sakuraさんのインコちゃんがメスで、息子さんが
好きだったのはうかがっていましたが、本当に
いろいろなことがあったんですね。
小さいけれど、すごくいろいろなことを知っていて、
分かっていて、一羽だから人間を仲間だと思っていて
健気ですよね。
卵を産んじゃうメスのインコちゃんは多いですね。
カルシウムを奪われるし、身体には負担なのだそうです。
ラムネは卵は産んだことがありませんが、実は
ご主人と同じように息子が座った時に気づかずに
尾羽を踏んでしまい、全部抜けてしまったことが
ありました。息子は座り込んで放心状態に
なるほどショックを受けて、私も死んじゃったのかと
パニックになりました。
一緒に暮らせばいろいろなことがあるけれど、
家族を全面的に信頼し、愛しているラムネを
できるかぎり長く家族として大事にしたいのです。
sakuraさんの言葉とやさしさが本当に心に
沁みました。sakuraさん、ありがとう。


刺しゅう、花、お菓子作り、写真・・・私の”好きなもののある風景”


by primarosa

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

メモ帳

当ブログ中に掲載されている
primarosaオリジナルデザインの無断複製,商品化,及びブログ中の文章の無断引用などを禁止します。
また、当ブログの無断転載は御遠慮下さい。

カテゴリ

全体
刺しゅう

お菓子作り
日々のできごと
お気に入り
写真
おでかけ
手芸
はじめまして
その他
ペット

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

最新のコメント

teineinakura..
by primarosa at 20:48
boheme0506im..
by primarosa at 20:30
primarosaさん、..
by teineinakurasi at 12:04
primarosaさん、..
by boheme0506image at 23:59
teineinakura..
by primarosa at 14:22
primarosaさん、..
by teineinakurasi at 21:36
liberty-es様 ..
by primarosa at 17:38
primarosaさん、..
by liberty-es at 16:40
time rose do..
by primarosa at 11:13
boheme0506im..
by primarosa at 11:11

検索

タグ

(37)
(34)
(9)
(9)
(7)
(6)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

ファン

ブログジャンル

ハンドメイド
花・ガーデニング

画像一覧